フードの適量、ご存知ですか?給餌量チェックツールがでました! – WePet(ウィペット)公式サイト

フードの適量、ご存知ですか?給餌量チェックツールがでました!

ニュース, ブラバンソンヌ, ぺットフード, ぺットブル

可愛い愛犬・愛猫のおねだりに負けて、ついついおやつを与えてしまった経験のある方は多いかと思います。もちろん食事は栄養を摂るという目的だけでなく、多くのペットにとっては食自体が楽しみであり、トレーニングのモチベーション維持や生きる活力になることもあります。なので、一概に間食がダメというわけではありませんが、現状で太りすぎのワンちゃんネコちゃんに対しては、愛をもって食事制限をする必要があります。もちろん痩せすぎというのも体には良くありません。問題は、普段の体型に見慣れてしまい、疑問を持たなくなってしまうことです。
客観的な専門家の意見や適正な給餌量数値を知って、健康寿命を延ばしていけるよう適正な体型を維持してあげましょう。

▼給餌量チェック
https://www.wepet.jp/feedingcalc

肥満体は辛い

ぽっちゃり猫が可愛いとか、ぽっちゃり犬が愛くるしいという方もいますが、もしかしたらペット自身は苦しんでいるかもしれません。

太っているとリスクが高まること
・がん
肥満細胞腫はワンちゃんネコちゃんに多い腫瘍です。ゴールデンレトリバーやマルチーズなど、がんの好発犬種は特に注意が必要です。
・呼吸器系の疾患
肥満になると脂肪で気管が圧迫されることがあります。呼吸器系の疾患は一気に悪化することがあるので、呼吸器に持病のある子は特に気を付けましょう。
・糖尿病
人間と同じように、ペットにも糖尿病の危険はあります。
・関節症
体重の増加により関節に負担がかかり、慢性的な痛みが出ます。痛みから運動を嫌がるようになりますます体重が増えるという悪循環に陥るため、普段の食事や運動から管理してあげましょう。
・ヘルニア
椎間板ヘルニアは体重が増えて腰に負担がかかった状態で運動することが原因の一つと考えられています。悪化してマヒを起こす可能性があるので、負担がかからないよう体重管理と環境整備に取り組みましょう。
そのほかにも、免疫機能低下、肝疾患、高血圧、皮膚炎、便秘など、たくさんの危険があります。

肥満体は、ワンちゃんネコちゃん自身が辛いだけでなく、食費や医療費など飼い主さんの財政を圧迫することにもなり、将来的に沢山のリスクがあります。しかし、ペットの肥満は食事制限によってかなり改善ができます。飼い主さんの楽しいペットライフと愛犬・愛猫の幸せのために、体形のコントロールに気を付けてあげましょう。

痩せすぎも辛い

残念ながら、「痩せてきたから」という理由で危険意識を持ち動物病院へ行ける飼い主さんは多くないように思われます。ですが、ダイエットをしているわけでもないのに痩せていくときには、何か原因があると考えた方がいいでしょう。
また、飼い主さんがペットを太らせることを恐れて、または細身のペットが好きという理由で、過度に食事制限してしまっていることがあります。痩せすぎの場合には、必要な栄養が十分に摂れていない可能性が高く、免疫力や持久力が下がって病気や怪我をしやすくなります。
食べるという行為は、ペットにとって命を維持するための活動だけではなく、数少ない楽しみの一つでもあるので大切にしてあげたいですね。

痩せすぎている場合に注意すること
・病気のせいで痩せている可能性
心臓病やがん(腫瘍)、寄生虫、糖尿病などの病気が原因で痩せている可能性があります。食事を制限しているわけではないのに痩せているとしたら、動物病院へ相談に行った方がいいでしょう。
・低血糖
命を落とすこともある危険な症状。特に子犬・子猫のうちはたった数時間の絶食で低血糖を起こすことがあるので注意が必要です。
・拾い食い、誤食
空腹や栄養不足を補うため、異物でも食べてしまうことがあります。

理想のごはんの給餌量

体型管理におけるポイント
・犬種・猫種によって理想の体格は違う
・理想の体重は犬種・猫種だけでなく個体差がある
・運動量や生活スタイルも考慮することが必要
・定期的に獣医の先生に診てもらう
・正確な給餌量を知る

▼給餌量チェック
https://www.wepet.jp/feedingcalc

健康な体型を維持しよう

是非この機会に、自分のペットの健康体重や必要な給餌量を確認してみてください。愛するワンちゃんネコちゃんの健康は、飼い主さんが守ってあげて下さいね。
動物病院で相談してみたり、給餌量のチェックツールを活用したり、安全なフードにこだわってみるのもいいかもしれません。

▼給餌量チェック
https://www.wepet.jp/feedingcalc

環境省 飼い主のためのペットフード・ガイドラインより引用画像

対象商品はコチラ

ライター:北川真帆

関連記事一覧