3年に一度の「ベルギーねこ祭り」とは? – WEPET(ウィペット)公式サイト

3年に一度の「ベルギーねこ祭り」とは?

ブラバンソンヌ

ベルギーのイーペルという町で行われる猫祭りをご存じですか?ヨーロッパで魔女狩りがあった中世の時代から続くといわれる猫のお祭りです。ユネスコ世界遺産である「ベルギーとフランスの鐘楼群」で行われ、町中に猫があふれるとてもユニークなフェスティバルで、ベルギーの人気観光イベントの一つです。猫好きな方もそうでない方も一度訪れてみて下さい☆

起源は諸説あり

猫のぬいぐるみを鐘楼の上から投げるこのお祭りの起源は中世の時代にさかのぼります。当時、貿易で盛んに取引されていた高級毛織物をネズミから守るために、イーペルの町にはたくさんの猫たちが住んでいました。ですが、ヨーロッパ各地で流行したペストなどの伝染病や災いは魔女の仕業だという考えから魔女狩りがおこなわれるようになり、魔女の使いとされる猫を塔の上から投げ落とすことで「異教徒」ではないという身の潔白をしめすこともあったのです。これが猫投げの起源の一つではないかといわれています。また、増えすぎた不衛生な猫やネズミが自由に動き回って病原菌を運んでいると考えられたため、公衆衛生の目的で駆除されていたとか、春が来ると保管していた高級毛織物を移動させるので、害獣駆除のために猫を塔においておく必要なくなって塔から投げ捨てられていたとの説もあります。ほかにも諸説ありますが、こうして猫を繊維会館の塔から投げ捨てるという風習が生まれ、1年に一度、「猫の水曜日」に生きた猫を投げ落とす行事が、1817年まで行われていたということです。その後第一次世界大戦で激戦地となったイーペルが戦争の傷跡から立ち直るために、1938年に市長によって企画された町おこしのイベントが、猫投げをぬいぐるみで代用したイーペルの猫祭りとして再び行われるようになったのです。町の再生を象徴するイベントとして1990年代以降は、3年に一度、5月の第2日曜日に開催されています。次回の開催は、2021年5月9日です。

たくさんのネコの仮装や音楽、ダンス、見どころは多くあります。

ネコ祭りパレード

まるで舞台“キャッツ”のように猫顔ペイントをした人や、全身猫の着ぐるみを着て仮装をした人、大きな猫の像や猫を天敵とするネズミをあしらった山車がディズニーパレードのようにつぎからつぎへと躍り出てきます。開催ごとに毎回パレードのテーマが変わっていろいろなストーリーを楽しめるので、何度見ても飽きることはないでしょう。

燃えるような恋

猫祭りを象徴する黒猫のシープルと白猫のミネケ・プスは、町のパレードで出会いました。二匹が出会ったときに、シープルが電線のケーブルに接触したことで発火し、それが文字通り「燃えるような恋」に発展しました。

歴史を学ぶ

イーペルの辿ってきた歴史をなぞった山車や聖書の登場人物の仮装など、さまざまな山車が町をねりあるくパフォーマンスは、イーペルの歴史を伝えて文化を守っていくことにもつながるようです。

イーペルの猫祭りのフィナーレはネコ投げと魔女裁判&火あぶりの刑!

終盤に差し掛かると、マルクト広場で道化師によるおもちゃの猫投げがはじまります。それが終わると、猫祭りの会場の中心に魔女と疑われた女性と魔女を裁く司祭が登場して、魔女裁判がはじまります。オーケストラを伴奏に、燃え盛るたき火とわらの中に魔女を模した人形が入れられて、イーペルの猫祭りは幕を下ろします。

ネコ投げでラッキーキャットをゲット!

お祭りの終盤には伝統儀式である塔からの猫投げが行われます。過去には生きた猫を塔から投げ落としていましたが、現在は売店で売られているぬいぐるみの猫で代用されています。

魂を祭るためにも、歴史を忘れずに伝えていくためにも、この行事は続けられていくことでしょう。鐘楼から投げ落とされた猫のぬいぐるみをキャッチすれば、幸福が訪れるといわれています。3年に一度の運試しですね。

世界遺産“ベルギーとフランスの鐘楼群”

フランスとの国境近くにあるベルギーの小さな町イーペルは、中世時代に高級毛織物の貿易が盛んに取引され繁栄していました。現在でも中世のおもかげを色濃く残す旧市街は、第一次世界大戦で壊滅状態となりましたが、その繁栄の歴史を今に伝える繊維会館と鐘楼がのちに再建され、ユネスコ世界遺産として登録されました。

美食の国としても有名なベルギー

ベルギーの首都のブリュッセルはEU(欧州連合)の主要機関が置かれていてヨーロッパの首都とも言える主要都市です。周辺国の影響を受けて様々な文化が交錯するベルギーの料理は、フランス料理の元となったという説もあり美食の国といわれています。実際に、人口比で割ったミシュラン星付きのレストランはフランスよりもベルギーの方が多く、旬の食材を生かした美食が味わえます。

ブラバンソンヌはベルギーで生産されています

ヘルシーマエストロ・ブラバンソンヌは天然素材にこだわりヨーロッパ産のヒューマングレードの食材を使った、上質なペットフードです。低温でじっくり脱水したチキンや消化のよい白身のフィッシュなどワンちゃんネコちゃんに必要なタンパク質を中心に、厳選された野菜や果物をバランス良く配合し、ヨーロッパの厳しい安全基準を満たしたベルギーの工場で生産されています。もちろん無着色・無香料で化学保存料や防腐剤は一切含まれていません。皆さんのおうちにも、ブラバンソンヌをきっかけにベルギーの美食を取り入れてみてはいかがでしょうか

ブラバンソンヌの商品を見る

LINE登録で20%OFFクーポンGET!!

公式通販サイト

Wepetで商品を探す

関連記事一覧