マイクロチップの役割と体への影響 – WEPET(ウィペット)公式サイト

マイクロチップの役割と体への影響

ニュース, 健康

マイクロチップは生体の個体識別のために使われる小さな電子タグです。
これまで、飼い主の任意で装着されていましたが、2019年6月に改訂された動物愛護法で、新たに販売される犬猫に販売業者はマイクロチップを装着し、飼育者情報を登録しなければいけないという内容が追加されました。

マイクロチップはどのような物なのか?装着することでどんなメリットがあるのか?デメリットはないのか?お話します。

◆マイクロチップはどんなもの?

マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形のチップです。
体内で炎症反応が起こらないような特殊強化プラスチックの中に、金属製の機器が入っています。
マイクロチップには15ケタの番号データが入っており、装着することで個体に番号をつけることができます。

◆装着はどうやって行うの?

装着は、動物病院でのみ行うことができ、注射器のような物で体内に挿入(装着)します。
ほとんど痛みはありませんが、本人の性格等を考えて局所麻酔を施したり、不妊手術の際に同時に行う場合もあります。

◆どのような場面で役立つか

マイクロチップは脱走してしまった場合や災害時離れ離れになってしまった場合に有効です。
個体識別の方法は迷子札や狂犬病鑑札など首輪につけるタイプの物もありますが、紛失の可能性があるため、体内に装着するマイクロチップの方が有用だと言えます。
現在動物用に使われているマイクロチップはGPSの機能はありませんが、動物病院や保健所に保護された場合、専用の機械で読み取ることでほぼ100%の確率で飼い主のもとに連絡が来ます。

◆マイクロチップのデメリットは?

体内に電子的な物を挿入する事で何か体に悪影響があるのではないかという懸念をされることがありますが、日本獣医師会の報告では現時点でほとんど影響がないと言われています。
CTやレントゲンの検査の際、装着部位の一部画像が乱れることがあるようですが、ごくわずかな部位なのであまり影響は無いようです。

◆個人情報を登録しても大丈夫?

マイクロチップは装着するだけではその役割を果たしません。
装着後、専用用紙に飼い主情報、本人情報を記入し、日本獣医師会に郵送、登録する必要があります。
登録されたデータは「AIPO(動物ID普及推進会議)」のデータベースに登録されます。
データを照合できるのは動物病院や動物愛護センターからのみとなっているため、万が一お家の子が逃げ出してしまっても個人情報を流出することにはなりませんので安心です。

言葉を話すことができない犬猫の代わりに、自宅を証明してくれるマイクロチップ。
地域によっては助成金などもありますので、近隣の動物病院に相談してみて下さいね。

獣医師:丸田 香緒里

◆丸田 香緒里 プロフィール
獣医師丸田香緒里
日本大学卒。動物病院勤務後、「人も動物も幸せな生活が送れるためのサポート」をモットーにAnimal Life Partner設立。ペット栄養管理士、ホリスティックケア・カウンセラー、メンタルケアカウンセラーなどの資格を生かし、病院での診療や往診のほかに、セミナー講師やカウンセリング、企業顧問、製品開発など活動は多岐にわたる。
HP:http://animallifepartner.com/

関連記事一覧