WePetはオーストラリア森林火災へ寄付します – WePet(ウィペット)公式サイト

WePetはオーストラリア森林火災へ寄付します

ニュース

大規模な森林火災

昨年より続いている史上最大規模のオーストラリア森林火災により、人も動物も甚大な被害を受けています。特に動物達は逃げ場を失い、絶滅危惧種の動物や貴重な原生生物も数多く犠牲になっています。先日の雨で東部は森林火災が鎮火ましたが、一方で洪水という新たな被害が出てきました。 まだ雨が降っていない南部では、大規模な森林火災が引き続き猛威を振るっています。 最新の状況についてはオーストラリア観光局が発信している情報をご確認ください。

オーストラリア観光局公式Twitter:コチラ

WePet本社から緊急支援
こうした事態を受け、WePetでは動物の健康をサポートする会社として、コアラなどの野生動物の救援活動を少しでも支援するため、世界的環境保全団体であるWWFに寄付を行うことに致しました。

WWF World Wide Fund for Nature(世界自然保護基金) WWFは約100カ国、7000人のスタッフと500万人のサポーターが支援している、歴史ある環境保全団体です。地球上の生物多様性を守り、人の暮らしが自然環境や野生生物に与える負荷を小さくすることによって、人と自然が調和して生きられる未来を目指しています。 今回の火災でも、オーストラリアの野生動物の救護と失われた森林の回復をサポートしています。

WWFオーストラリア(英文):コチラ

WWFオーストラリア火災へのご寄付について:コチラ

オーストラリアの代表的な動物保護団体のひとつで、日常的な野生動物の救助や介護活動に加え、2,000人以上の有資格者ボランティアを抱えるWIRESは、12億以上の動物が犠牲になっている火災オーストラリアの固有種のひとつであるコアラですが、動きがゆっくりなため今回のように大規模で火のまわりの早い火災では逃げ遅れてしまうものも少なくありません。現在、数万匹のコアラが命を落とし、絶滅を危惧されるまでに至っています。オーストラリアにはほかにも多くの貴重な固有種がいますが、哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類に無脊椎動物を加えた場合、死亡した個体数の合計が兆単位に達する恐れもあるといわれていて、生態系に深刻なダメージが及んでいます。いくつかの種の絶滅は必至といわれています。

生き延びた動物も、食べるものが何もない

なんとか火の手を逃れ生き延びた動物も、住処を失い食料もなく、状況は絶望的です。水を求めて民家に被害を加える危険性があるということから、ヘリコプターから何千頭ものラクダが射殺されたというニュースもあります。

「煙」による大気汚染という二次災害

森林火災による煙は国内のみならず、風に乗って何万キロ先へも飛ばされています。今月に入り隣国ニュージーランドの氷河は煙で赤く染まり、8日には南米アルゼンチンやブラジルにも到達、13日には地球を一周して再びオーストラリアにたどり着いたとのニュースが流れました。こうした煙が地球の気温になんらかの影響を及ぼすのは必至と思われます。

著名人の行動

・YOSHIKI

森林火災の復興と熱帯雨林保護への寄付とともに、このようにコメントをしています。

「環境保護とサステナビリティの二つは、自分にとっても最も重要な課題です。みなさんの故郷がどの国だろうと、同じ1つの地球で生活していることに変わりありません。これは、地球の全ての命に関わる問題であり、より多くの人々がこの事に関心を抱いてくれることを願っています。」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Your support can help change the world. みんなのサポートで世界が救われます。 “Yoshiki Donates $100,000 To Australian Wildfire Relief And Rain Forest Trust: $50,000 to the Australian Red Cross to aid victims of the Australian wildfires and $50,000 to the Rainforest Trust’s Conservation Action Fund” “YOSHIKI オーストラリア森林火災の復興と熱帯雨林保護へ1,100万円を寄付: オーストラリア赤十字に5万ドル、 熱帯雨林の保護活動を行っている米レインフォレスト・トラストに5万ドルを寄付..” https://www.broadwayworld.com/bwwmusic/article/Yoshiki-Donates-100000-To-Australian-Wildfire-Relief-And-Rain-Forest-Trust-20200113 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000022-mnet-musi #yoshiki #yoshikifoundationamerica #yfa #savetheplanet #kangaroo #kangarooisland #kangaroos #PrayForAustralia #bushfiresaustralia #bushfires #bushfire #firefighters #australia #koala #koalas #koalabear

Yoshiki(@yoshikiofficial)がシェアした投稿 –

・本田圭佑

オーストラリア火災復興へ寄付と共に「変顔チャレンジ」呼びかけました。SNSで指名を受けた相手は「変顔」の写真を公開するか、もしくは寄付を行ってその証明書を公開し、次に変顔または寄付を行う知人を指名するという運動です。

「僕が1人で寄付しても、実質的にオーストラリアの復興に与えられる影響は微塵もないです。だけどこの運動を通じて、多くの人が手が行動に移すことで少しでも寄付額の増加と震災についての認知が高まればという想いで、先ずは自分が行動しようと思いました!」とコメントしています。

・オーストラリア元首のイギリス・エリザベス女王

全ての方に祈りを捧げると公式声明を発表しました。「私はオーストラリアの多くの地域で相次ぐ森林火災とその壊滅的な影響について聞き、深い悲しみを覚えています。そして、救急隊や自らの命を懸けて被災者を救出する人々に、感謝の意を表します。フィリップ王配と私は、オーストラリアで被災したすべての方々に祈りを捧げます。エリザベス R.」

またキャサリン妃とウィリアム王子は、森林火災で被害を受けた人々を支援するためのリソースリストをフォロワーに提示し、SNSで支持を表明しました。

・映画「ジョーカー」で有名なラッセル・クロウ

ゴールデン・グローブ賞の授賞を「オーストラリアに住んでいる家族を火災から守る」ために欠席しました。「科学に基づいて行動し、世界の労働力を再生可能のエネルギーに移行し、地球を尊重する必要がある。そうすれば、私たち全員に未来があります」とコメント。

・テニス世界ランキング1位のアシュリー・バーティー選手

ブリスベン大会で得た150万豪ドルの賞金を全て寄付すると発表しました。

その他にも多くのセレブ達が多額の寄付をし、また多くの募金を呼び掛けています。

WePetは全ての動物の幸せを切に願っています

動物の健康を守るペットフードとヘルスケアデバイスの会社として、辛い状況にある人や動物たちに救助の手が届きますよう、心よりお祈り申し上げます。

WIRESオーストラリア野生動物救護団体
https://www.wires.org.au/

ライター:北川真帆

関連記事一覧