しつけにおやつって必要なの? – WePet-プレミアムペットフード通販

しつけにおやつって必要なの?

しつけ, 食事

フードお試しキャンペーン

・ペットフードの選び方!年齢別・種類・解説>>

ワンちゃんに何かを教えたりしつけをする時に一番大切なことは「よく褒めてやる気を引き出す」ことです。この「褒める」にもいろいろな方法があります。撫でたり優しく声をかけたりするほかに、多くの飼い主さんが成功のご褒美としてオヤツを与えます。
しつけや練習の時、この「ご褒美としてのオヤツ」は必要なのか考えてみましょう。

しつけや練習の目的

ワンちゃんに何かを教えることやしつけをする目的は「ワンちゃんと家族が快適に暮らすために必要なこと」を教えるためです。愛犬が人に迷惑をかけることなく、飼い主さんが求めたときにオスワリやマテなどの動作ができて、家族と愛犬が不自由なく生活するためにいろいろなことを教えます。また、ドッグスポーツやボール遊びなどを教えると、家族の絆が深まり、楽しい時間を過ごすためのコミュニケーションツールになります。
そこに「ご褒美としてのオヤツ」が登場すると、ワンちゃんの関心は飼い主さんではなく、オヤツに奪われてしまうことがあるのです。

オヤツを使うメリットとデメリット

ワンちゃんは基本的に食いしん坊です。オヤツがもらえると思うと張り切って頑張ることができるワンちゃんが多くいます。
しつけや練習にオヤツを使うメリットとしては、落ち着きのないワンちゃんの集中力を高め、効率よく練習を進めることができるということにあります。
ただ、オヤツを使うことにはデメリットもあります。ワンちゃんの練習の目的が動作を覚えることではなく「オヤツをもらうこと」になってしまうことがあります。指示をしている飼い主さんの目を見ることがなくなり、手しか見なくなってしまいます。さらに、知恵がついてくると飼い主さんがオヤツを持っているかいないかで「やるか、やらないか」を勝手に判断するようになり、オヤツ袋の音がすると駆け寄ってくるのに、オヤツがないと名前を呼んでも振り向きもしないワンちゃんになってしまうこともあります。それではせっかく練習をしても意味がなく、飼い主としては寂しいですね。

オヤツを使っていても大丈夫!

これを読んでいると「まさにウチの子!」と焦る飼い主さんもいるかもしれませんが、そこはご安心を。もしオヤツがないと何もしないワンちゃんであれば、少しずつ「オヤツを使わないしつけ」に切り替えていきましょう。

ワンちゃんは基本的に飼い主さんとの協同作業や褒められることが大好きです。「オヤツより飼い主さんに褒められたい」という気持ちを育てるために、しつけや練習をするときは、よく褒めることを心がけてください。褒め方は笑顔で声をかけてもよいし、優しく静かに撫でてもよいです。ワンちゃんが喜ぶことをご褒美として与えてください。

オヤツはよく褒めた後に与えます。その後は、毎回与えていたオヤツを、2回に1度、3回に1度というように、だんだん与える回数を減らしていき、最終的にはオヤツを与えるのはすべての練習が終わったあとに、「お疲れ様!」とよく褒めてから休憩時間に与えてください。オヤツはご褒美ではなく「食べ物」と考えれば簡単です。

やる気を引き出すのは飼い主さん

大切なことは、よく褒めてワンちゃんのやる気を引き出すことなので、上手にできるようになっても褒めることを忘れないでください。できることが当たり前になると、褒めなくなる飼い主さんが多くいますが、ワンちゃんは「褒められたくて頑張っている」ので、その成果を見逃さないよう必ず褒めてください。しつけや練習は何歳になっても始めることができますから、ワンちゃんとの絆を深めるためにも、楽しく取り組んでみてください。

みんなのお食事

ブラバンソンヌをご利用頂きました皆様の様子をご紹介致します。

みんな皆の投稿

LINE友達追加で20%OFFクーポンGET

公式サイト

■BRABANÇONNE(ブラバンソンヌ)

ブラバンソンヌ公式サイト

■PETBLE(ペットブル)

PETBLE-Logo

PETBLE公式サイト]

ライター:今井 由江

関連記事一覧