ペットの為にウェットフードを学ぼう! – WePet(ウィペット)公式サイト

ペットの為にウェットフードを学ぼう!

ブラバンソンヌ

ウェットフードとは?

水分を多く含んでいるものをウェットフードと呼びます。

ペットフードの中で、水分含有量が少ないものを「ドライフード」、水分含有量が多いものを「ウェットフード」と呼びます。ドライフードと比べて開封後の日持ちはしませんが、嗜好性が高いのが特徴です。

水分量の違い

○ドライフード…10%
○ウェットフード…75%

主食にするなら、それだけで栄養を補える「総合栄養食」表記のものを選んであげてください。
たくさん食べなくてはいけないことと、金額面もかさむので、長期的な主食としてはあまり現実的とは言えないかもしれません

過熱や感想をさせていないので嗜好性や栄養価も高い

水分がたくさん摂れることがメリットです。

現代のワンちゃんネコちゃんは水分摂取量が少ないので体の不調が起こりがちですが、ドライフードよりも水分が多く含まれているので、手軽に水分摂取ができます。水分不足が原因の一つといわれる尿路結石は、ウェットフードにして食事の度に水分摂取すれば軽減される可能性があるので、かかりつけの獣医師先生に相談してみてください。ですが、フードだけで充分な水分が補えるとは言い切れません。未病の観点からも、定期検診に行ってご自身のワンちゃんネコちゃんの体調を検査したり、普段から飲水量を把握するよう心掛けたり、水分をとるために手作りスープや水にジャーキーを浸けて香りづけしたりして飲水量を確保する工夫をすることは大切です。ブラバンソンヌのフードには消化器サポートのものもあります。下部尿路の健康維持のために、尿中pHを低下させるクランベリーを使用することで、下部尿路の健康維持をサポートしてくれます。

加齢や病気などで体重が理想値以下なら、ウェットフードで体重増加を狙えるかもしれません

食いつきという面でも、ドライフードは生食と比べてしまうと劣ることがあります。とはいえ、最近のワンちゃんネコちゃんは肥満がおおいので、あまり気にすることはないでしょう。動物病院の定期健診などで獣医師先生から「もっと食べさせた方がいい」といわれた場合は、体重を戻すまでの間、徐々にフードを変えて生食や香り高いウェットフードを取り入れてみるのもいいと思います。

体調管理のために、適切な給餌量をチェックしてみましょう。

Wepetは適切な給餌量をチェックできるツールがあります。ブラバンソンヌ以外の市販のフードでもお調べいただけるので、チェックしてみてください。

>>チャックツールはコチラ

ブラバンソンヌにはシニアに多い疾患や仔犬仔猫に向けたフードもあります。

ドライフードには多くの獣医師監修の療法食が出されています。ブラバンソンヌのフードも、英国・ケンブリッジ大学で獣医学を学び、英国王立獣医師会をはじめオーストラリアの獣医師委員会、香港の獣医外科委員会のメンバーでもあるanita獣医師が監修したプレミアムフードです。ブラバンソンヌのフードには、ワンちゃんネコちゃんに多い消化器系のトラブルを未然に防いだり緩和したりするための「消化器サポート」のフードがあります。アレルゲンになりにくい単一タンパク質を使用して、アレルギー対策はもちろん内臓に負担がかからないよう配慮しています。さらに消化管に負担をかけにくい消化性の高いたんぱく、炭水化物を含む原材料を使用し、必要な栄養素を摂取ができるように脂肪量を調整して、元気な毎日をササポートいたします。

歯科衛生の面から、ウェットフードは注意が必要。

歯にフードがくっつきにくいという点から、ドライフードはおすすめです。べたべたしたウェットタイプよりもカリカリのドライフードは歯石になりにくいといわれています。また、適度にかんで歯を動かすことにより、顎を鍛える効果も期待できます。

病期対策や防災やの面から数個は用意した方がいい。

もともと食の細い仔や被災時などにストレスでごはんを食べてくれなくなる仔はたまにいます。そんなときのために、嗜好性が高く思わず食べたくなってしまうようなウェットフードをいくつか買っておくのはおすすめです。とにかくお腹に食べものを入れてエネルギーを作るのは大事なことなので、一般的に食いつきがいいウェットフードはそんな時にワンちゃんネコちゃんの助けになるかもしれません。

開封後でも日持ちがするので長期保存ができ、ドライなので水分で重たい缶詰などと比べると持ち運びに便利です。それと水だけで必要な栄養素がとれるというドライフードは、防災のためにも普段から慣らしておいた方がいいでしょう。手作り食オンリーの方でも有事の際は、手作り食ができなくなる可能性があり、そもそもペット同伴避難が許されない可能性もあります。そんないざというときになって、開封後も適切に扱えばある程度日持ちがして優れた栄養バランスの総合栄養食を、ワンちゃんがえり好みして食べられなくなってしまうとお困りになるとおもいます。平常時からドライフードに慣らしてあげるために週に一度トッピング付きでもいいので、ドライフードを与えて慣らしておいてあげてほしいですね。

原材料をよく確認、値段は品質に大きく反映する

ブラバンソンヌもそうですが、「総合栄養食」の表示のある商品は、新鮮な水と一緒に与えるだけで健康が維持でき、栄養バランスに優れている証です。ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されているものだけが「総合栄養食」と表示できるので、一つの基準として確認すると安心ですね。さらにブラバンソンヌはヨーロッパの基準FEDIAF(欧州ペットフード工業会連)からも認められています。

栄養成分はもちろんのこと、フードマエストロ「ブラバンソンヌ」としてヒューマングレードの食材を使っていて、原材料にもこだわったプレミアムフードとなっています。商品の価格は原材料費や広告費が反映されているので、あまり安すぎるものは安い原材料で作られているということです。身体を作る大事なお食事、栄養バランスがよく、原材料も安心できるものを選んであげたいですね。

ウェットフードも賢く取り入れて、充実したワンにゃんライフを送ってください♪

LINEで最新情報を配信

公式通販サイト

Wepet公式通販>>

ライター:北川真帆

関連記事一覧