ペットの防災「新型コロナウイルス」を災害として備える – WePet(ウィペット)公式サイト

ペットの防災「新型コロナウイルス」を災害として備える

健康

新型コロナウイルスの感染拡大は全世界に広がり、海外からもいろいろな情報が入ってきます。その中で気になる話題は「ペットへの感染が確認された」という報道ではないでしょうか。予防法も治療法も確立されていない上に、収束の目途も立たない状況ですが、「正しく恐れ、しっかり備える」という防災の基本にそって感染予防を徹底しましょう。

犬コロナウイルス感染症

もともと犬や猫に感染する「コロナウイルス」はずっと前から存在していて、犬の場合は「犬コロナウイルス感染症(コロナウイルス性腸炎)」呼ばれます。感染すると下痢や嘔吐などの消化器症状を起こし、子犬だと重症化することがありますが、成犬では症状がでないこともあります。犬コロナウイルスは年に1度の混合ワクチンで予防することができる感染症で、病原性も比較的弱いウイルスです。また、犬コロナウイルスは猛威をふるっている新型コロナウイルスとはまったく別もので、人に感染することはありません。

新型コロナウイルス感染症からペットを守ろう

残念ながら、いま接種している混合ワクチンで新型コロナウイルス感染症を予防できるという根拠はありません。海外では人からペットへの感染報道がありましたが、ペットから人への感染報告はありません。東京都獣医師会の公表によると日本国内では今のところペットに感染したという報告はなく、過敏に心配する必要はないとしていますが、今後も状況の変化は注視する必要があるという見解です。

大切なペットを守るために一番大切なことは、飼い主さんが感染しないことです。できる限りの外出を避け、外出する時は人混みを避け、家にウイルスを持ち帰らなければ、ペット達の健康は守られます。ワンちゃんとの散歩も場所を選びましょう。できるだけ混雑を避け、商店街や公園も今は避けておきましょう。散歩のあとはワンちゃんの足裏を除菌シートでしっかり拭き取ることをおすすめします。

周囲で感染が広がり始めた時は、ペットが安全に過ごせる場所を確保

首都圏や感染者が多い地域で暮らす飼い主さんは、日々の感染者情報を気にかけていることと思います。もしも急速に拡大する心配があるときは、できるだけ早くペットが避難できる場所を検討しておきましょう。

状況によっても対応が変化しますが、現状では感染者の多い地域と、少ない地域がありますから、もしも感染者が少ない地域に友人やお世話を頼める信頼できる方がいれば、早めに避難させておくことも安心の1つです。感染が拡大したあとや、飼い主さんが感染したあとでは、預けることも困難になります。ペット保険のアニコムでは、感染者のペットを無料で預かる新サービス「#StayAnicom」プロジェクトを開始しました。保険サービスを利用していない方でも利用できるので、心配な方は詳細をみてください。

https://mag.anicom-sompo.co.jp/12265

もしも自分や家族が感染した時の接し方

飼い主さん自身や家族が感染したときは、ペットと一定の距離をとらなくてはなりません。

家族と同居で自宅療養の場合は、感染者は1つの部屋に籠り、ペットを含めた家族全員との接触を避けて生活します。もしも一人暮らしで感染した場合は、ペットの世話は最低限の事だけにしましょう。

最低限のお世話とは「食事・トイレの世話」です。今後のために、タイマーで給餌できる自動給餌器やペット用自動給水器があると安心です。また、世話のする時は細心の注意を払い、マスクや使い捨て手袋、防護服代わりのレインコートを着てペットとの接触を避けながら世話をします。ベッドや枕などの寝具にペットが触れないよう注意し、決して抱きしめたり触れたりしないように注意しましょう。

重症化して世話ができなくなったり、入院になった場合はペットを預けなくてはなりません。

預ける場合も、感染者は他の人と接触することができないので、十分な注意と配慮が必要になります。詳しくは東京都獣医師会が公表している「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと(Ver.2)」に詳しく書かれているので、参考にしてください。

COVID-19環境の犬猫の扱い(一般向け)2020.04.24.pdf

せっかくのGWも今年はワンちゃんとのおでかけもお預けです。

1日も早く終息を迎え、楽しく遊べる日が来ることを願いながら、今しばらくの自粛を耐えてがんばりましょう!

LINE友達追加で20%OFFクーポンGET

公式通販サイト

Wepet公式通販サイト >>

ライター:今井 由江

関連記事一覧