そろそろ換毛期!抜け毛対策しておきましょう – WEPET(ウィペット)公式サイト

そろそろ換毛期!抜け毛対策しておきましょう

ニュース

コートの衣替え

人間が衣替えをする季節に、ワンちゃんネコちゃんも換毛期がきます。たくさんの毛が抜けたり、季節に合わせた新しい毛を生やしたりします。とは言っても、換毛期はすべてのワンちゃんネコちゃんにあるわけではありませんし、換毛期が来るタイプの仔でもクーラーの効いている室内では季節の移り変わりが感じられず換毛期が来ないこともあります。

換毛期が来るタイプ、来ないタイプ

・シングルコート 換毛期なし、オーバーコートのみ、通年毛が抜ける プードル、ヨークシャーテリア、ミニチュアピンシャー、マルチーズ、など
シャム(サイアミーズ)、シンガプーラ、ベンガル猫、メインクーンなど
・ダブルコート 換毛期あり、オバーコート+アンダーコート、春秋に毛が抜ける 柴犬、ラブラドール・レトリーバー、チワワ・ミニチュアダックス、コーギーなど
アメリカンショートヘア、アビシニアン、スコティッシュフォールド、マンチカンなど

・オーバーコート 皮膚を守る効果、太くて硬い毛
・アンダーコート 体温調節の効果、ふわふわ柔らかい毛、夏毛と冬毛がある

ダブルコート(アンダーコートがある)の仔は換毛期が来るはずなので、健康な皮膚と艶々な美しい被毛を保つため、換毛を促進してあげましょう。

ブラッシングしてあげよう

抜け毛対策にはブラッシング!原始的ですが、とても有効です。
私たち人間も、ふわふわと舞う抜け毛が気になりますよね。地面にかなり近いところで生活するワンちゃんネコちゃんは、もっと自分の抜け毛が気になっているはずです。ブラシでマメに梳いて、美しい毛並みと抜け毛対策をしてあげましょう。
美しい被毛と抜け毛の舞わない部屋を保つためには、日々のケアが大切です。その際に、強くブラシをかけすぎてワンちゃんネコちゃんの被毛や皮膚を傷めてはいけないので、力加減には気を付けて。ペットを梳かす前に、自分の手の甲などで力加減を確かめましょう。

シャンプーで清潔に

抜け毛があるままシャンプーしてしまうと、毛が絡まって固まって大変です。また、抜け毛が多すぎてお風呂場の排水溝が詰まる可能性も。シャンプー前にしっかりブラッシングして、できるだけ抜け毛を取り除きましょう。

シャンプー剤は被毛や皮膚の状態を見てもらいながら、動物病院で買うのがおすすめです。

目や耳にシャンプー液が入らないよう注意しながら洗いましょう。また、シャンプー残りはデリケートな皮膚を持つワンちゃんネコちゃんにとって、皮膚炎などを誘発する危険があります。わきの下やお腹など、シャンプー液が流れにくいところもしっかりとすすいであげましょう。

洗ってあげると皮膚の汚れと一緒に毛もだいぶ落ち、お部屋での抜け毛は減るのでおススメです。ネコちゃんや大型犬のシャンプーなどは、なかなか大変な場合もあると思います。その時はトリミングサロンを頼ってみるのもいいかもしれませんね。

猫の毛球症(ヘアボール)

毛づくろいで飲み込んでしまった毛が、体内で絡まっておきる病気。
毛玉を吐くのはネコちゃんにとっては普通のことなので、それとは別です。

毛球症の症状

・もともと毛玉を吐いていたネコちゃんが、吐かなくなった(吐かずに毛玉をウンチと一緒に排泄するタイプのネコちゃんもいます)
・食欲がなくなる
・下痢や便秘
・吐くそぶりをするのに、何も出ずに苦しそう
・お腹を触られるのを嫌がる

予防

・食物繊維(猫草など)
・上質なオイル ・猫の健康に配慮されているキャットフード(ブラバンソンヌ:https://brabanconne.jp/cat-food/
・毛球除去剤
・こまめなブラッシング
・ストレス解消(ストレス行動として必要以上のグルーミングをしないように)

最悪、死に繋がることもあります。換毛期は特に注意して様子を見てあげて、便が出ないなどの異常があればすぐに動物病院へ行ってください。

掃除

端の方から中央へ、高いところから低いところへお掃除していきましょう。

便利グッズ

・ファーミネーター(口コミ評価も高く、死毛をかなり取り除いてくれます)
・ゴムのすべり止めが付いた軍手(抜け毛が集められる)
・コロコロ
・ウエットなワイパー(毛を舞わせずに片付けれる)
・ランドリースポンジ(洗濯時に服などについた毛を取ってくれる)

ブラッシングやシャンプー、お食事をよくすれば、ワンちゃんネコちゃんの毛並みや皮膚は輝きます。換毛期を乗り越えて、健康で綺麗な毛並みで褒められちゃいましょう!

ライター:北川真帆

関連記事一覧