ペットフード増税だけど、キャッシュレス決済でむしろお得に!?

ペットフードは増税対象です
ペットフードも10月から消費税10%になりました。
8%に据え置かれる消費税軽減税率の対象は、「人の」食品。それ以外の動物のフードなどは増税対象です。

国が推進するキャッシュレスでポイント還元

2019年10月から2020年6月30日までの9か月間は、対象店舗でのキャッシュレス決済で最大5%還元されます。つまり、増税前より3%お得になる可能性があります。時代の流れはキャッスレスですね。

国策としてのキャッシュレス

・店舗の無人化省力化(人手が少なく回り、ミスも減る)
・脱税防止(不透明な現金資産やおカネの流れの見える化)
・経済の動きの活発化(福利という概念が強くなり、タンス預金よりお金を動かす人が増える)
・支払データの活用(消費者のニーズに合ったものを素早く提供)

https://cashless.go.jp/

キャッシュレス決済一覧

・デビットカード、クレジットカード
・交通系&流通系IC
・電子マネー、QR

クレジットカードや交通系IC(SUICAなど)は、ポイントがたまるからとか便利だからなどの理由で、すでに使われている方が多いのではないでしょうか。これらの決済サービスも、キャッシュレスのポイント還元期間に対象店舗で現金の代わりとして使うだけでポイントがたまっていくので、実質割り引きを受けられることになります。
SUICAなど、事前登録が必要なものもあるので、今後キャッシュレス決済を始めるという方は各社よく確認してみて下さい。

キャッシュレス決済の使い方次第で、増税前よりお得に買えるかも!?


現金決済していた方は、決済の仕方次第で増税前よりもお得にお買い物ができるかもしれません。現在、各社のキャッシュレス決済サービスが次世代の覇権をかけてしのぎを削っています。キャンペーン合戦になっている今が消費者にとってチャンスの時期でもあります。

Wepet 商品一覧
ライター:北川真帆

関連記事一覧